インフォメーション

   【お勧め記事】

  1.      ●上覧動画リンク(素戔嗚之演&天照之演)

  2.      ●陰陽師・仙論関連記事一覧

  3.      ●野外与生気を素早くやるには

  4.      ●食料の食べ合せ計算

  5.      ●最適な絆用家臣



◆城下町名:ダーマ神殿◆ 普段はマッタリと信onライフを満喫してます。   上覧チーム”もるのくせにっ”は2013年 第11回 天照之演をもって解散となりましたm(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2

第三陣アップデート直前 「今後の信オンに期待することは?」結果発表

こんばんは
 
以前に投票フォームを設置して一ヶ月間、このブログに貼り付けてたんですが
 
昨日で投票を締め切って結果をまとめてみました
 
投票の項目自体は僕が思いつくものを挙げただけなので実際にはもっと他の意見もあるかもしれませんが(’’;
 

一ヶ月とキリも良く、また第三陣のアップデートも明日に控えていることもありプレイヤーの意見がどれほど取り入れられているのか興味のあるところです
 


まずは集計結果を

信投票
 
信投票グラフ
※画像をクリックで拡大されます。
 


この中にコメントをくれた方もいましたので参考までに
 
【コメント】
 
○PT制狩りの廃止
・pt狩りは作業で面白くない。
・ 3つもやるのが大変だしそればっかりになる
 
○合戦要素の強化
・あとレベル制限エリアとかどうでそ?
 
 
 
貴重なご意見、ありがとうございましたm(_ _)m
 
レベル制限エリアは東西戦でとられてた趣向でもあり普通に合戦でもやれそうだし良さそうだなぁと個人的には思いました。
 


上記の結果から
 
最も多かったのが”一門制度の廃止”(15、9%)
 
ついで”合戦要素の強化”(12、7%)に”PT制狩りの廃止”(12、7%)
 
”ソロ(短時間)で遊べる要素の強化”(9、5%)
 
と、このあたりを望んでいる方が多いようでした。
 



【第三陣の内容と比較して】
 
第三陣 風雲!小田原の陣←公式HPリンク
 
アンケート項目のうち今回のアップデートで手が加えられているものは
 
1、新装備の追加(7、9%)
 
○第一陣「天下への夜明け」にて追加された“光装備”と対になる“闇装備”が、いよいよ登場! 闇の力により性能が高められた胴装備が、全職業向けに追加されます。光と闇の競演にて、強敵を打ち倒しましょう。
また、新グラフィックの頭装備や武器も生産品として登場します
 
 
○“小田原の陣”にて刃を交える有名な敵武将NPCたち。彼らを打ち破ることで、彼らが身に着けている装備品の仕立て直しアイテムを入手できる可能性があります。今までにない頭装備や新グラフィックの武器など、様々なものがありますので、是非とも手に入れてみてください。

 
新装備に関しては前々から噂が出ていたので投票数としては少ないのかもしれませんね。
 
2、PT制狩りの廃止(12、7%)
 
廃止とまではなりませんでしたが、若干の修正はされたようです。
 
○1週間の受諾可能な検分クエスト数は、“法師の過去帳”、“五大明王勧進帳”、“人取橋軍功帳”、“小田原軍功帳”のうち3個までとなります。「独眼竜の野望」ダンジョンは、それぞれに攻略方法が異なるので、自分のプレイスタイルに合ったダンジョンを選ぶといいでしょう。

 
○撃破値を貯める検分クエストの達成数に応じて、得られる覚醒ボーナス回数が変わります。

撃破値を3000ポイント貯めたクエスト数   覚醒ボーナス回数
   1つ目(金の星印)               60回
   2つ目(銀の星印)               40回
   3つ目(銅の星印)               20回

定期メンテナンス時に、撃破値の多いクエストから順に金、銀、銅の星印が付けられ、報告時に覚醒ボーナス回数が算出されます。撃破値が同じ場合は、実装された順番に星印が付けられます。なお、撃破値が未達の場合は、目標値との割合に応じた覚醒ボーナス回数が加算されます。

 
PT制の狩場が主流の中、コメントをいただいた中にもありましたが「PT狩りだけで一週間が終わってしまう」という人も多いのではないでしょうか。
 
この程度の修正ではプレイヤーの不満は消えないでしょうが、全くの現状維持よりはマシかなぁ程度。
 
ライブイベントの内容では期待が持てるような内容だっただけに非常に残念な修正となりそうです。
 
 
3、ソロ(短時間)で遊べる要素の強化(9、5%)
4、新ダンジョンの追加(3、2%)
 
○小田原の陣の攻略を進めていくと、“甲斐姫”(かいひめ)や“風魔小太郎”(ふうまこたろう)といった北条家の武将たちを救出するクエストが発生します。豊臣勢に攻められている北条家の武将を守り、無事に救出すると、助け出した武将を味方として連れて行けるようになります。

○味方として連れていけるのは救出した武将だけではありません。
人取橋で大活躍をした功績により、伊達家の若侍に出世した“支倉六右衛門”(はせくらろくえもん)。この小田原の陣でも彼を攻略のお供に連れて行けます。
さらに第三陣では、“北条家武将救出”クエストをクリアするごとに連れて行けるお供NPCの選択肢が増え、北条家の武将と一緒に戦えるようになります。少人数で攻略に挑む際などに役立ててください。

 
 
瓦等への修正はないようですが、新ダンジョンである小田原の陣は人取橋と同様にNPCを連れて行ける仕様のようなので鬼門や松島と比較したらソロでのPT狩りは楽なのではないでしょうか。
 
 
5、合戦要素の強化(12、7%)
 
第三陣のメインとなる小田原の陣以外では一番手が加えられてる修正ではないでしょうか。
 
 
○要害を巡る攻防に、“突撃武将”と“伏軍(ふくぐん)武将”という新要素が加わります。

突撃武将は要害を攻める時に突破口となるNPCで、敵要害に突撃をかけ、周囲の敵NPCを混乱させます。

一方、伏軍武将は、要害の支配率に応じて出現率が変わる敵の伏兵部隊(NPC)です。自軍が多くの要害を支配していると、不利になった敵の伏軍武将が出現しやすくなります。自軍にとっては厄介な存在ですが、これをうまく倒し、切り抜ければ、大きな戦果を獲得することも可能です。
 
 
○合戦場でのみ使える“合戦専用戦闘技能”が、各勢力に2つずつ登場します。

NPC“評定衆補佐”に“恩賞奉行の検分”を報告すると、アイテム《名将の秘伝書》(めいしょうのひでんしょ)を受け取れます。これを合戦場で使用すると合戦専用戦闘技能を選択可能になり、選択した技能を戦闘中に1回だけ使用できるようになります。
.※合戦専用戦闘技能は、対人戦と対武将NPC戦では使用できません。
 
 
○敵陣にある“逆茂木”(さかもぎ)と“固定大筒”を、アイテム《逆茂木破壊具》や《大筒破壊具》を使って、破壊できるようになりました。破壊に成功すると戦果も獲得できます。《逆茂木破壊具》と《大筒破壊具》はNPC“軍監”(ぐんかん)から受け取ってください。
 
なお本仕様の導入により、逆茂木と固定大筒は、兵種攻撃では破壊できなくなります。また、固定大筒の残弾数が0発になっても、砲撃が止むだけで壊れません。砲弾は兵站活動により補充できます。
 
 
○レベル50以下の方を対象に、NPC“軍監”から、1陣につき1度だけ合戦補助アイテムを配布します。
 
 
○“恩賞奉行の検分”の報酬としてもらえる経験値、修得値、基本・戦闘熟練度の各獲得量が増加します。また“恩賞奉行の検分”報告時に、技能経験値を獲得できる新クエスト“恩賞奉行の覚醒”を受けられるようになります。

※“恩賞奉行の覚醒”は、Lv40以上の敵が対象となります。
※“恩賞奉行の覚醒”は、合戦場内(“陣取戦”、“大決戦”、“拠点戦”)でのみ遂行可能です。
 
 
○ 合戦に参陣される皆さんを支援するイベントを開催します。

開催期間
2011年4月27日(水) 定期メンテナンス終了後(13:30予定)
~ 6月22日(水) 定期メンテナンス開始時(10:30予定)

参加資格
製品版、もしくはネットカフェアカウントをお持ちの方

《陣中見舞包》で特別報酬を!
期間中、各街のNPC“陣中見舞役”(じんちゅうみまいやく)から、アイテム《陣中見舞包》
(じんしゅうみまいつつみ)を受け取れます。これを合戦場内で使用すると《領国銀70》や《武功30》を獲得できます。


 

 
投票結果で最も多かった”一門制度の廃止”に関しては当然ながら一切触れられていません。
 
独眼竜の野望そのものが一門制度を軸に設定されているからなのではないでしょうか。
 
しかしプレイヤーの不満が多いのが現実であり、それを全く無視した内容ではないと思います。
 
過去のアップデートで“私設試練”を設けることにより鬼門、松島への入場が一門未加入者でも可能となる修正がされてきた過程からも伺うことができます。
 
そして今回の第三陣でも
小田原の陣は、一門未加入者でも“私設試練”として入場できます。という内容になっています。

一門制度をメインとする独眼竜の野望なので上記のような修正は苦肉の策なのかもしれません。
 


今回のアンケート項目は僕個人が「こんな追加や修正があったら良いな」と思いつく物を何点か挙げさせてもらったワケですが第三陣で、そのいくつかには手が加えられていることがわかりました。
 
しかし、あくまでも項目が合致しているに過ぎず、プレイヤーが本当に不満に思っていることがはたして修正されているのだろうか?と問えば正直なところ、納得の出来る内容ではないのかもしれません。
 
 
プレイヤー側からの視点運営側からの視点での考え方の相違はこの先も続くのではないでしょうか…
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望online~新星の章~
ジャンル : オンラインゲーム

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m 










コメントの投稿

非公開コメント

現在の位置
仙論羅刹の仙道煉丹記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
仙論羅刹の仙道煉丹記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年04月 26日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ その他
  └ 第三陣アップデート直前 「今後の信オンに期待することは?」結果発表
プロフィール

羅刹

Author:羅刹
萌黄鯖(旧覇王)で3アカ活動中
1アカ目
・雅愁陰羅刹(Lv70仙論)
・雅愁陰婆娑羅(Lv64武芸)
・雅愁陰梵天(Lv62修験)
・雅愁陰楓麿(Lv63暗殺)
 
2アカ目
・雅愁陰刹那(Lv70雅楽)
・明王堂鐵神(Lv70刀鍛冶)
・明王堂鐵皇(Lv70鉄砲)
・雅愁陰帝釈天(Lv62演舞)

3アカ目
・金城雪之丞(Lv70軍学)
・神道斬月(Lv70神典)
・瑠璃光(Lv69修験)
・-曼陀羅ー(中級クエ中)
 
城下町:ダーマ神殿

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
バロメーター
にほんブログ村
ツイッター
広告




ハードロック・ヘヴィーメタル
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
2428位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
976位
アクセスランキングを見る>>
著作物利用規約
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。

このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY
最近のコメント
データ取得中...
Link
人気記事ランキング
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。