インフォメーション

   【お勧め記事】

  1.      ●上覧動画リンク(素戔嗚之演&天照之演)

  2.      ●陰陽師・仙論関連記事一覧

  3.      ●野外与生気を素早くやるには

  4.      ●食料の食べ合せ計算

  5.      ●最適な絆用家臣



◆城下町名:ダーマ神殿◆ 普段はマッタリと信onライフを満喫してます。   上覧チーム”もるのくせにっ”は2013年 第11回 天照之演をもって解散となりましたm(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2

今でも一門って意味あるの?

こんにちは
 
 
最近、信onに対するやる気が下がってる。
 
こんなことを知人から言われました(´・ω・`)
 


鳳凰の章になってから、上記のような話をチラホラと耳にします(´・ω・`)
 
 
なぜこのような話が目につくようになったのか
 
考え方は人それぞれなので一概に言えるようなものでもないのでしょうが
 
個人的に思うことはいくつかあります

中でも思うのは”一門の存在意義”なんじゃないかと(´・ω・`)


一門制度が導入され、独眼竜ダンジョンが一門単位であったこともあって

一門へ力を入れている人も少なからずいたのではないでしょうか


それが鳳凰の章になり桶狭間ダンジョンが導入されたものの、新星の章のような一門単位でのダンジョンではないので

当然攻略に参加したキャラでしか報酬を得ることが出来ずに、必然的にメンバーが固定化してくる。


そこから溢れてしまった人たちは自分で集めるか野良の募集に参加するかという感じになってしまうのではないでしょうか


一門が導入される以前の状態に戻ったにすぎないのでしょうが
 
そういう概念がなかった過去と今とでは

やっぱり考え方も気持ちも違ってくるんじゃないかなぁと思うんですよねぇ(´・ω・`)


僕が思うのは

一門制度を導入した以上は中途半端なままで終わらせないで下さいよコーエーさん

ということです


一門制度については反対意見が多かったからこんな感じになったのであろうとは思いますが

高千穂ダンジョンの二の舞になるような気がしてなりませんw


ダンジョンに関しては一門でも個人でもやれるような状態にしておけば良いんじゃないかなぁと個人的には思うんですが…

せっかく”私設試練”というものがあるのですから5人以上の徒党じゃないと入場できないという現状の変な規制を撤廃して桶狭間にも適用すればもっと活用できるんじゃないかなぁと思うんですけどねぇ(-ω-ll)

一人ででもPT狩りの場として活用できていたワケですしね


ここ最近、一門に属していない人を新星の章の頃よりも見かけるようになりました。

それが”一門が価値のないものに成り下がってしまった”という裏づけになっているように思います
 
 
 
・当人殊勲の上限が多いほうが良いから

・一人でチマチマと独眼竜ダンジョンでPT狩りが出来る

・とりあえず週1でクエやってるから箱が貰える

・忠臣の隊列が使えるから

現状、一門に所属しているメリットってこれくらいしか思い浮かびません・・・w



やる気が低迷するのは

他にも、普段からPT狩りやら合戦に参加しても検分なんかで勝手に自分にノルマのようなものを与えてしまっているのも一つにはありそうですよねぇ

合戦では、それが逆効果になってしまっている部分もありますしねぇ(-ω-ll)
 


長く続けるには、「何事もホドホドに」と個人的には思います(о'д')b
 
一つの事にドップリだと それをやり切った時や、その事がダメになってしまった時なんかに

一気にやる気も失せてしまいますしね
 
 
かと言って「ホドホドに」を「適当に」と履き違えてしまうと

全てが中途半端になって結局何も出来ない痛い子になってしまいそうですけどね(ノ∀`*)ペチ
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 信長の野望OnLine-鳳凰の章
ジャンル : オンラインゲーム

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m 










コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

一門の意味、今ではないものかも知れません。私も強く感じます。
なので、雅さんのいう「ほどほどに」は本当に大事かもしれませんね。
新生の章での一門は、前でいう私設(争覇生まれ瓦育ちの私にはあまり実感ありませんが)をみんなもっと体験しましょう、使いましょうってキャンペーンだったと思うのがいいかもしれませんね。事実、一門がなければ私も雅さんとは出会うことはなかったかもしれません。他のあみたいつの面々もそう。
出会うことがなかったかもしれない人たちと知り合い、遊べている事実だけでも価値は少なからずあったのかなぁ、と思います。
それを今後も大切にしながら遊んでいければいいのかな、と。
ただ、コーエーは本当に一門を投げっぱなしにしたな、と感じます。
プンプン!

No title

はじめたての僕は一門しか知り合いがいないので、意味のないものになってしまうと路頭に迷ってしまいます・・・。
延々ソロに・・・orz

Re: タイトルなし

>ねこさん

> こんばんは!

゚*。(o'∀')b。*゚こんにちは♪


> 一門の意味、今ではないものかも知れません。私も強く感じます。
> なので、雅さんのいう「ほどほどに」は本当に大事かもしれませんね。

新星の章から鳳凰の章になり、新ダンジョンも追加されたものの
一門でそれをやるとしても、報酬含めてやれるのは戦闘に参加出来る人のみ。
=一門に属していなくても良い ということになりますよね(´・ω・`)


> 新生の章での一門は、前でいう私設(争覇生まれ瓦育ちの私にはあまり実感ありませんが)をみんなもっと体験しましょう、使いましょうってキャンペーンだったと思うのがいいかもしれませんね。事実、一門がなければ私も雅さんとは出会うことはなかったかもしれません。他のあみたいつの面々もそう。
> 出会うことがなかったかもしれない人たちと知り合い、遊べている事実だけでも価値は少なからずあったのかなぁ、と思います。
> それを今後も大切にしながら遊んでいければいいのかな、と。

確かに私設の延長上の物に近いかもしれないですね。
でも諸々な事を踏まえると、やっぱり私設とは違うんですよねぇ(´・ω・`)

僕自身も一門がキッカケで知り合うことが出来た人たちは多かっただけに
このまま一門が廃れてしまうのは残念なんですよね・・・


> ただ、コーエーは本当に一門を投げっぱなしにしたな、と感じます。
> プンプン!

賛否両論があるのも事実なので、なかなか難しい所もあるのでしょうが
このまま放置されるのは何とも忍びないですよね(´-ω-`)

だからと言って期待しても何も変わらなかった時、自分に更なる反動がきそうなので
僕は変な期待はしないようにしてます(ノ∀`*)ペチ

Re: No title

>No Nameさん

こんにちは^^


> はじめたての僕は一門しか知り合いがいないので、意味のないものになってしまうと路頭に迷ってしまいます・・・。
> 延々ソロに・・・orz

そうなんですよね(´・ω・`)
プレイヤーの中には「一門があって当たり前」という環境からスタートした人たちも当然いるワケで
そういうことを考えても、やっぱり中途半端にはしてほしくないなぁと思いますね(´-ω-`)

一門に依存しすぎてるコンテンツだから不評だったのではと個人的には思うので
一門に属してなくてもやれるような状況だったならここまで一門批判されることもなかったのではと思うんですよね・・・

今はまだ関ヶ原ダンジョンでも攻略の対象となるダンジョンなので良いのでしょうが
今後、更に新ダンジョンが追加されていって報酬や神秘も関ヶ原じゃ物足りなくなった時の事を考えると・・・

まだ暫くは先の話になるのでしょうが
その時にも一門が「交流の場」以外で活用できているのか謎です凹○コテッ
現在の位置
仙論羅刹の仙道煉丹記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
仙論羅刹の仙道煉丹記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年05月 15日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ その他
  └ 今でも一門って意味あるの?
プロフィール

羅刹

Author:羅刹
萌黄鯖(旧覇王)で3アカ活動中
1アカ目
・雅愁陰羅刹(Lv70仙論)
・雅愁陰婆娑羅(Lv64武芸)
・雅愁陰梵天(Lv62修験)
・雅愁陰楓麿(Lv63暗殺)
 
2アカ目
・雅愁陰刹那(Lv70雅楽)
・明王堂鐵神(Lv70刀鍛冶)
・明王堂鐵皇(Lv70鉄砲)
・雅愁陰帝釈天(Lv62演舞)

3アカ目
・金城雪之丞(Lv70軍学)
・神道斬月(Lv70神典)
・瑠璃光(Lv69修験)
・-曼陀羅ー(中級クエ中)
 
城下町:ダーマ神殿

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
バロメーター
にほんブログ村
ツイッター
広告




ハードロック・ヘヴィーメタル
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
3196位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1265位
アクセスランキングを見る>>
著作物利用規約
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。

このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY
最近のコメント
データ取得中...
Link
人気記事ランキング
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。