インフォメーション

   【お勧め記事】

  1.      ●上覧動画リンク(素戔嗚之演&天照之演)

  2.      ●陰陽師・仙論関連記事一覧

  3.      ●野外与生気を素早くやるには

  4.      ●食料の食べ合せ計算

  5.      ●最適な絆用家臣



◆城下町名:ダーマ神殿◆ 普段はマッタリと信onライフを満喫してます。   上覧チーム”もるのくせにっ”は2013年 第11回 天照之演をもって解散となりましたm(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2

現状での仙論

こんばんは

もう広告が出るくらいブログを放置するのが当たり前になってしまいました・・・w



ここ最近、知人が仙論をやり始めて

こないだ「孫市に封は刺さりますか?」という質問をされました。

僕が答えたのは「N相手に封は刺さらないと思ったほうが良いです」でした。


元々、サポートに特化した陰陽師が仙論ではあると思うんですが

では現状での仙論は本当にサポートに特化しているのでしょうか?

僕の経験上で思ったことを考えてみます。


【行動阻害系、サポート系技能】

禁呪・絶

禁呪・封

禁呪・縛

煉神消散

凶方月破

真気仙術


ざっと思いつくだけでもこれだけの技能があります。(奥義は除外)

では実際にこれらの技能は今でも使えるのか?


僕の経験上での個人的な考えをまとめてみたいと思います


【禁呪・絶】

昔に比べるとレジられる確率は上がっているように思います。

それでも他陰陽では金縛りしか痺れ技能がないので

それと比較すれば断然止めれる確率は高いと思います。

ただ、痺れ時間が短いので、次の行動に移るのが遅かったりウエイトの長い技能を選択した場合は

痺れさせた相手に行動を抜かれてしまう可能性も高いです。

守護持ちのいない相手や非人型の相手であれば煉気掌・弐で止めたほうが確実ですが

こちらの技能も結界のある相手では止まらない可能性のほうが高いです。


【禁呪・封】

一時期はこの技能の修正で刺さりやすくなった相手もいましたが

現状では滅多に刺さることはありませんw

どうしてもその相手の行動を阻害したいのであれば僕なら禁呪・絶で相手の1手を潰すほうを選びます。


【禁呪・縛】

禁呪・封に比べると断然刺さりやすい技能です。

ただ、縛が刺さることによって物理攻撃は防げたとしても

特に1に刺さった場合は次の行動で”霧散霧消”、”全体看破”、”沈黙の霧”、”武運長久”などを

誘発させてしまう可能性も高いです。


【煉神消散】

僕の場合はこの技能を使用する時は主に相手の完全回復に対してですが

相手に神職がいたり、生存中だったりする場合

不変を使用してくるケースもあるので、そういう場合にターゲットをランダム化させて

完全回復の対象を散らせる意味合いで使っています。

ただ、こちらも絶対に刺さる保障はない技能ですし

味方の盾職の釣りも考慮する必要はある技能です。

例えば

『対象が完全回復準備』>『対象へ煉神消散』 >『味方盾職が対象を”挑発系技能”で釣る』

等の行動順だと対象が完全準備をして、その対象に煉神消散 が刺さってから対象の行動の順番に回ってくるまでの間に

味方の盾職が挑発系技能で固定を上書きしてしまうとランダム化が解けて固定状態になってしまうので

自身の1手が無駄な行動になります。


【凶方月破】

現状の仙論の特化技能の中では一番安定しているのではないでしょうか?

ただこちらも相手のステが高かったり、相手に呪詛耐性が付いていたりするとレジられる場合もあります。

また、相手に僧や鍛冶等の金剛力刀の至りを使用してくるNがいる場合

それらの技能を誘発する可能性もあります。

侍の場合は反計を使用してくる場合もあります。


【真気仙術】

僕はこの技能を実装している場合が多いのですが

実装すらしていない人のほうが多いのかもしれませんw

本来のこの技能の効果は”対象の守護・援護発動率を低下させる”ものなのですが

白呪詛なのですぐに解呪されてしまうのでなかなか本来の効果を維持させるのは難しいのが現状だと思います。

僕の場合はあくまでも”相手の白付与を消す”のを目的として使用しています。

基本的には味方の看破や沈黙で消してもらっています。

それでも場合によっては盾侍が”堅忍をしたい”や”滅却を張りたい”というような場面の中で

味方の他の人も既に行動入力した後だったり他の準備を止めにいっていたりした時に

相手陰陽が星をしてきたりすることもあったりします。

こういう時に僕は使用しています。




仙論をやり始めの人にありがちなのが

必要以上にサポート技能を使いまくって全然攻撃に参加しないことではないでしょうか


確かに他の陰陽に比べるとサポート技能は充実していますが

僕個人の考えでは仙論もアタッカーの一つだと思っていますし

やはりサポートに長けているのは忍職だと思うので

また、どの技能にも上記のようなリスクも出てくるわけなので

他にサポート職がいなかったり、ここぞと言う時以外は

極力攻撃に参加したほうがよりスムーズに行くのではないかと思います


これはあくまでも僕の経験上で思ったことなので

参考程度でとどめておいてください


関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村 web拍手 by FC2

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m 










コメントの投稿

非公開コメント

現在の位置
仙論羅刹の仙道煉丹記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
仙論羅刹の仙道煉丹記
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2015年05月 23日 (土)
  ├ カテゴリー
  |  └ 仙論
  └ 現状での仙論
プロフィール

羅刹

Author:羅刹
萌黄鯖(旧覇王)で3アカ活動中
1アカ目
・雅愁陰羅刹(Lv70仙論)
・雅愁陰婆娑羅(Lv64武芸)
・雅愁陰梵天(Lv62修験)
・雅愁陰楓麿(Lv63暗殺)
 
2アカ目
・雅愁陰刹那(Lv70雅楽)
・明王堂鐵神(Lv70刀鍛冶)
・明王堂鐵皇(Lv70鉄砲)
・雅愁陰帝釈天(Lv62演舞)

3アカ目
・金城雪之丞(Lv70軍学)
・神道斬月(Lv70神典)
・瑠璃光(Lv69修験)
・-曼陀羅ー(中級クエ中)
 
城下町:ダーマ神殿

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
バロメーター
にほんブログ村
ツイッター
広告




ハードロック・ヘヴィーメタル
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
1507位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
609位
アクセスランキングを見る>>
著作物利用規約
『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。

このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Tree-CATEGORY
最近のコメント
データ取得中...
Link
人気記事ランキング
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。